スポンサーサイト

0
    • 2016.10.10 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    7月17〜18日: 柳が崎(後編)

    0

      ありえないトラブル続きだった前回の記事の続きになります 笑

       

      朝の柳が崎。うまく撮れていませんが きれいな時間帯でした。しばしキャストをやめて琵琶湖の景色を堪能。

       

       

      一旦タックルをイヌクシュクに戻して、ノーシンカーやゼロダンで探っていきます。それ程ではなかったですがバスのライズもあり期待が高まります。

       

      しかし くるのはギルアタリのみ。。。

       

      そうこうするうちに 奴が顔を出しました。

       

       

      うお〜、できるだけ曇に隠れていてくれー と願うも暑くなりそうな予感。まあ夏ですからね。

       

      祭日の割には少なかったですが、それでも5時前からみなさん立ちこんでおられます。ただこれだけいらっしゃっても全く釣れている気配はなし。

       

       

      すると自分がたちこんでいる後ろ(シャロー側)で、小さなベイトを追ったチェイスが始まりました。見た感じコバスのようだったので放っておいたのですが、延々と続く(30分ぐらい)ので、まわりのバサーの方がやってきて次々とキャスト。自分の後ろにドボンドボンワームやルアーを放り込んでこられるので 正直落ち着かなかったです。

       

      たかしさんはヘビキャロでアタリをさぐっておられました。

       

       

      水温はわりとひんやりしていて バスの活性が落ちるようなことはなかったと思うのですが、最後までバスの顔を見ることもなく朝の部は終了。まわりでウェーディングされている方も2人釣られた方がいらっしゃったのは確認しましたが、良い型のバスをあげられた方はいませんでした。

       

      空腹と脱水でフラフラになりながら 車で西大津のロイホに。ドリンクバーで10杯ぐらいオレンジジュースを飲んで干からびた身体に水分をチャージ(生き返るとはまさにこのこと)。朝御飯を食べながらたかしさんと作戦会議。結局やっぱりこのままでは帰れないということになりましたが、昼間のどピーカンの中釣りをする気にはならないので、ネカフェで夕マズメを待つことに。

       

      柳が崎の@タイムを初めて利用したのですが、ここは滋賀県民の憩いの場になっているのでしょうか。朝から子供たちは店内を走り回っているし 親はカラオケに夢中。うるさすぎて寝れない。。。

       

      仕方なくヘッドフォンをして映画を観ながら寝ることにしたのですが、ここでエアが入って膨らんだライフジャケットが大活躍。ちょうどいい枕になってくれました(本来の使い方とはかなり違いますが 笑)。映画のアリシア・ヴィキャンデルの少しハスキーな声が耳の奥に残ったまま眠りに落ちていきました。

       

      llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll

       

      16時前に起床。たかしさんと車に戻りましたが、車の中のスニッカーズは原型をとどめていませんでした。

       

      [車内に取り残された子供が えらいことになるわけですよね]

       

      コンビニでコーヒーとサンドウィッチを食べた後、柳が崎に。人が少ないのでおかしいなあと思っていたところ、朝とは状況が激変してかなりの風と波。風裏のある東岸のポイントを移動することも考えましたが、岬の南側なら風の影響をそれほど受けずにできそうだったので、そちらに入ることにしました。

       

      水温は思っていたよりも低くいい感じでしたが、水の濁りがかなりきつかったのと、エリア全体が全てトロロ藻がしきつめられたような状態。ヘビキャロだとどうしても藻をひっぱってきてしまう。そこでチョイスしたのがフロートリグ。詳細はまた別の記事で紹介しますが、かなりウィードをかわしてストレスなく釣りをすることができました(距離がだせなかったが唯一のネックでしたが)。キンクー13も初めて実戦に投入してみました。

       

      たかしさんもディビジョンを使って、いろんなことを試されていました。

       

       

      とにかくサカナが釣れなくてしんどい時間が延々と続いたんですが、せっかく来たんだから自分の釣りを最後までやりきりましょうと、たかしさんに励まされ、暗くなっても延々とキャストを続けていました。釣果がでないためか、釣り客も1人帰り2人帰りして残ったのはたかしさんと自分の2人のみ。しかも浜辺にやってきた大学生が花火大会を始める始末。

       

      東から生暖かい風が吹き出し 水温も上がってきて もうダメかな、と諦めかけていた時。。。

       

      コンッ!

       

      (頼むから持って行ってくれ。。。 頼む。。。 頼むよ)

       

      グイッと竿先に重みを感じたので、ロッドを立てるとフッキングしたのがわかりました。あとは寄せて勝負あり。30チョイのコバスでしたが、自分にとっては本当に価値ある1匹でした。

       

      たかしさんのところに行って 「釣れました」とバスを見せると、一言。

       

      「Gさん、踊ってるんですか?」

       

       

       

      [あくまでイメージ画像です]

       

      そのあとは2人で茨木のサイゼリアでパスタの大盛りを食べて帰りました。

       

      日曜の夜にたかしさんに家まで迎えに来てもらってから帰るまで29時間。ほんとうにタフな釣行でしたが、最後までやりきった充実感でいっぱいの釣行になりました。

       

      最後になりましたが、たかしさん、本当にありがとうございました。

       

      JUGEMテーマ:バスフィッシング


      7月17〜18日: 柳が崎(前編)

      0

        ここ1ヵ月半程 体調を崩して琵琶湖に釣りに行けていなかったのですが、少し体調が持ち直したことと仕事が休みに入ったので、たかさしさんにお願いして琵琶湖に釣れていってもらいました。

         

        釣りにいけなかった間にロッドを購入したり新しいリグを自作していたこともあり、今回の釣行は試行錯誤を重ねてのかなりタフな釣行になりました(今までの釣行で一番気力と体力を使ったかも)。あとでも書きますが、たかしさんの励ましや気遣いがなかったら乗り切れなかったかもしれません。

         

        現着23時。予定ではまず夜 〜 朝マズメをやろうということで柳が崎の自分の知ったポイントに入ることになりました。連休中なのに思っていたよりも人が少なかった上に結構涼しかったです。

         

        [まるで忍者のような黒づくしのたかしさん]

         

        状況は完全な無風に加え全く波がなく魚の気配が感じられません。でも初めてのロッド(イヌクシュク)だったので、いろいろ試すにはもってこいの状況。

         

        まずはデス6から入ります。2週間ほど前に藻狩りが入ったとのことだったので、ノーシンカーをなげながら様子を探っていくとすぐにアタリが。ラインがスッと動いたのでピシッっとアワセを入れたその瞬間。。。

         

        仕掛けが切れました。  orz

         

        確かめるとPEのところから切れていたので、おそらくラインの傷に気づかないままリグっていたようです。ガックシ。

         

        いきなりのトラブルでしたが、これは爆釣の前触れに違いないとリグをセットしなおします。今度はさっきより少し沖目に出てお腹あたりまで浸かってキャストを続けていると。。。

         

         

         

         

        いきなりの大きな破裂音に何が起こったのか自分でも理解できませんでしたが、気がつくと自分の首と胸まわりのライフジャケットが膨れ上がっています。今日持ってきたのが半自動タイプ(ひもを引いて膨らませるやつ)だと勘違いしていて、それに気づかず水の中に立ちこみ過ぎたのが原因でした。

         

        横でたかしさんは大笑い。

         

        ライフジャケットがちゃんと機能するかどうかテストしてたんですわー 

         

        と余裕をかましつつも、既に今回の釣行はトラブルの予感しかしません(真剣にロッド折ったり盗まれたりするんじゃないかと心配しました)。

         

        このあと3時過ぎまでイヌクシュクを使ってキャストしていたんですが、ほんとに使いやすいロッドでキャストが楽しかったです。ツララしくハリのある竿なんですが7グラムのワームも普通に投げれますし、1オンス以上のヘビキャロも余裕です。なにより継ぎ数が多いのにまったくそんなことを感じさせない作りに感動しました。

         

         

        ただ、最初のアタリを除いてギルやフッキングに至らないコバスのアタリばかりで入魂できなかったのが残念。

         

        トイレ休憩のあと 3時からはタックルをエルホリに変えて、新しいリグのテスト。たかしさんは以前釣果のあった南のポイントに行ってみるとのことだったので、4時過ぎに再集合して朝マズメを一緒に攻めることにして、分かれて別々のポイントに。

         

        ところが。。。

         

        新しいリグはリーダーを2メートル近くとって、重量のあるジグやベイトを投げるので用心しなければと思い、まずは軽くキャストしてみるつもりで6割ぐらいの力で振り出してみると。。。

         

        いきなりガクンと強い衝撃がきて、ジグが暗闇の湖の中に消えてしまいました。

         

        何が起こったのかわからず手元のベイトリールを見ると、いままでに見た事もないような世界記録級のバックラッシュ(ラインを切って巻きなおそうとかいうレベルではなく、そのままリールを廃棄した方がいいんじゃないかという域に達していました)。

         

        [母さん、あの夏に買ったジグ、どこにいったんでしょうね]

         

        それから4時までの1時間、道の横にこんなふうになってたかしさんが戻ってくるのを待つことに。このあとどうなってしまうのでしょうか。。。。

         

        続きは後ほど記事にします 笑

         

        JUGEMテーマ:バスフィッシング


        7月10日:一庫(大路次)

        0

          ここ3週間というもの体調が悪く、ほとんどの休みを寝てすごして釣行に出れなかったのですが、少し体調が持ち直してきたのと、火曜日にゲストが一庫にいらっしゃるとのことだったので、リハビリがてら出かけてきました。

           

          少し用意に手間取って出るのが遅かったので、4時半ぐらいから釣行開始かなあと思っていたのですが、国崎が近づくにつれ何やら嫌な予感。なんと国崎は水草の下に沈んでしまっていました(見渡す限りの水草)。さすがにバイクを降りる気にもならず、そのままユーターンして大路次川筋に行くことに。

           

          現着は4時40分。既に明るかったので上から川筋を覗き込むと、国崎とは違い水草なし。これは行けるだろうと準備してバックウォーターに入りました。

           

           

           

          まだ誰もいなかったので、以前釣果のあったポイントに入ってキャストをはじめます。数時間前まで雨が降っていたので少し水は濁っている感じでしたが、それより気になったのは足元です。

           

           

          以前は水際のところは砂地だったのですが、トンネル下が崩れてからはそこから粘土質の泥が流失していてドロドロでした(普通のブーツだと入れないぐらい。自分はウェーダーだったので大丈夫でした)。乾燥して固くなるまでは、注意が必要ですね。

           

          しばらくそこで遊んでいたのですが、5センチぐらいのチビのライズやたまにチェイスが見られた以外は大きな魚が入っている感じがなかったので、南へ移動しながらポイントを確認していきました。

           

           

          ここら辺はもちろん最近まで水没していたところです。ですが、ダム関係者の方なのか漁協関係者の方なのかわかりませんが、きれいに整備してくださっていて、川沿いのルートは安心して歩くことができました(いつも本当にありがとうございます)。

           

          南のポイントは少しだけ草が生えている状態で、パッと見はゴルフ場みたいな感じです。

           

           

          この辺りでしばらく遊んでいたのですが、岸際にはベイトが集まっている感じで、コバスも確認できました。岸から20メートルぐらいのところでバスかどうかはわからないのですが大きめの魚のライズが多数あり、水の中での生命感はかなりありました。

           

           

          最初入ったバックウォーターの方は電波が悪かったのですが、この南側はなんとか電波がつながったので、1枠だけでしたが、初めてキャスをしました(まるさん、おみそさん、そしてうめさん、ありがとうございました)。キャスを終えたあとは近くで釣られていたお兄さんと楽しくお話させていただきました(お兄さん いろいろ情報ありがとございました)。個人的にはこういうやりとりが楽しいですね。

           

          そのあと時間になったので納竿。自分が歩いてきたルートではなく上の道を歩いてバイクに戻ったのですが、バックウォーターで釣っておられたお兄さんがちょうどバスをかけられていました。遠目ではありましたが40アップはあったように思います。自分も朝一で同じポイントに入っていたのに、上手なかたは違いますね(涙)。

           

          さあ、今日は選挙に行ったあと遠征用のパックロッドも見にいかないといけないし、忙しくなりそうだなあ。。。

           

          JUGEMテーマ:バスフィッシング


          6月14日: 出合いなぎさ、国崎

          0

            ここのところ体調を崩してしまいブログを更新する余裕がなかったのですが、先週こーじ兄さんと一庫を偵察してきたので、その写真だけでもアップしておこうと思います。

             

            早めに家を出て4時半ぐらいに現着したのですが、こーじ兄さんは既に戦闘モード。トップを狙っていくとのことだったので、自分はキャロ系で沖目を狙っていくことにしました。

             

            水位は136.5メートルぐらいだったと思います。前回兄さんが行った時よりは水草もなく、充分釣りができる状況ではありました。

             

            [わかりにくいかもしれませんが、右のスロープは完全に出ています]

             

            [階段のところもこのくらいの方が水位が少しあって釣りはしやすそうです]

             

            [反対側のスロープも完全に開通していました]

             

            結構バスと思われるライズや動きはあって期待しましたが、結局バイトなし。兄さんの方はバイトが何度かあったようですが、しとめることはできなかったとのことでした。

             

            6時過ぎに切り上げて、国崎の様子に見に行くことに。

             

            その国崎ですが、状況はかなりひどかったです。

             

            [水草がびっしり]

             

            駐車場に着いて下を見てみると、遊び場付近は既に人の手が入ってきれいにされていました(管理されている方、ありがとうございます)。

             

            [水が引いてからわずかな間に草が生えてきています。]

             

            スロープもかなり下の方まで顔を出していましたが、夏の状態になるまではもう少しといったところでしょうか。

             

             

            兄さんはすぐにベイトの群れを見つけたようで、いろいろと探っておられました。

             

             

            まあ、水位はかなり戻ってきたので、もう1・2週間というところでしょう(この記事を書いている24日時点で135.5メートルなので、あと20センチぐらい。ただ水草がどうなるか気になるところではありますが)。

             

            月末には本格的に一庫のおかっぱりシーズンが始まりそうです。

             

            JUGEMテーマ:バスフィッシング


            6月5日:柳が崎

            0
              先週は自分も含め琵琶湖で大苦戦をされる方が多く、更に土曜日には冷たい雨が降り活性が下がることが予想される中、どこにどの時間帯で出撃するか迷いましたが、結局西岸に出ることにしました。

              16時近くに家を出て、現地到着が17時半。風は北からうっすら吹いている程度でしたが、波は少しありました。ただ下の写真のように先行者が多く、入りたいポイントに入ることができません。ポイントが空くのを待ちつつリグを準備します。


              [人は多かったです。まあ日曜日ですからね]

              今日はどう琵琶湖を攻略するかがポイントになると思っていましたが、先週出られた方のキャスを聞いていると、岸沿いにバスがおらず沖に出ている(ボートでは爆釣)とのことだったので、ここは遠投しかないと下の新兵器を投入。


              [三又のキャロワイヤー]

              そろそろウィードも濃くなりつつありますが、少し水深のある沖目ならなんとかなるんじゃないかと考えました。ワイヤーなので少しのウィードなら切れますし。

              1オンスのシンカーと長めのカットテールをつけ振りぬくと、お〜、よく飛んでいく。。。

              ただ誤算は、既に沖のウィードも生え揃ってきているようで、巻こうとしてもひっかかりまくり。これじゃアクション入れるどころじゃねえ(涙)。

              もう少し入り込んで更に沖目ならどうだろう、とキャストをしていると小さなアタリ。ギルかな?と思いつつ、持っていこうとするのであわせるとガツンとした手ごたえ。これはなかなかよさそう。

              ただキャロがウィードを巻き込むせいか、途中何度も寄せられないほど重くなり、何度も途中休憩をはさみながらの大捕り物になりました。


              [美人のバスくんでした]


              [サイズは40ちょい]

              ここで了莞さんから連絡が。北のポイントに到着されたとのことでしたが、既にこちらでいいバスを釣ったのでしばらく粘ります、と別々の場所で頑張ることにしました。

              そのうち日も暮れ始め、ウェーディングをされている方も少し減り、入りたかったポイントにようやくはいることができました。キャロワイヤーは諦め、いつものデス6。琵琶湖の減水は続いているようで、前回よりも更に水位は低く、自分は沖へ沖へと向かいます。水温は岸近くは温かいのですが、沖の方はかなり冷たく感じました。活性はどうかなあ。。。

              遠投を繰り返しバスの居場所を探ります。コン、と小さなアタリを感じたのでワームを放置。でも続かない。ちょっと大きめのアクションをつけた途端に

              ゴン。

              うぉ! と思いましたが持って行かない。くわえているのか竿先に聞いてみると充分な重み。これはガッツリくってそう。思い切ってフッキング!

              お、これもいいサイズ。40ぐらいかなあ。

              沖からなので距離はありましたが、割と簡単に寄せてこられました。

              ところが。。。

              10メートルぐらいのところで魚体が見えると、予想以上の大きさ。え? マジで? と思っていると、突然暴れ始めました。ドラグがギリギリと鳴きまくり。

              結局ここから取り込むまでが大変でした。寄せる度にすごい力で何度も沖に逃げようとするので、弱ってくるまでかなり待ちましたが、何とか寄せきって勝負アリ。


              [このサイズはクチの大きさと固さが違います]


              [顔の大きいバスくんでした]

              久々の50アップ。ヘタクソな私にはもったいない良いバスでした。

              小休止の後、さあ もう1本行くか、とポイントに戻ったのですが、ここからは大苦戦。バスどころかギルバイトさえ見つけることができません。完全なベタナギで、いろんなアクションを入れてもとにかく反応がありません。

              ウェーディングされていた他の方も状態が悪いと判断されたのか、1人帰り2人帰りして、いつの間にか貸しきりモード。う〜ん。

              このまま3時間ぐらいアタリがなかったので、さすがに自分も諦めて、了莞さんに会いに北のポイントに移動しました。

              了莞さんに聞くと「30ぐらいのが2本で、あとは全くです」とおっしゃっていたのですが、自分と話している目の前でサッと2本釣り上げられていました。


              [前回ご一緒した時よりは活性は高かったですね]

              このあと少しお話させてもらって、0時前に退散しました(了莞さんはこの後40アップを含め何匹か追加したそうです。さすが!)。

              このあと家に帰ってからコージ兄さんと一庫釣行に行くつもりだったのですが、家で飯を食べてホッコリしていると睡魔に襲われ、このまま釣行に出るのは危険と判断。家からキャスだけの参加になりました(兄さん、すんません)。

              さて、今週はどこかで一庫の様子を探りにいくかな。

              JUGEMテーマ:バスフィッシング

              calendar
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << October 2017 >>


              latest entries
              categories
              archives
              recent comment
              links(一庫)
              links(琵琶湖)
              ・ 琵琶湖:バス釣り釣果情報
              profile
              search this site.
              PR
              others
              mobile
              qrcode
              powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM