<< 一庫ダム基本情報:国崎 | main | 一庫ダム基本情報:出合なぎさ >>

一庫ダム基本情報:千軒下

0


    東の田尻川沿いの国崎に対し、西の一庫大路次川の千軒下は、川沿いに遊歩道が伸びているため広範囲に渡って様々なポイントを楽しめます。

    アクセス: 2通りのアプローチがあり、どちらも一長一短はあるが、車で行かれる方は△農睫世垢訐遒寮沼Δ瞭擦諒が歩く距離も少なく便利。だが、駐車スペースが限られており、加えて落石などで道が通行止めになっている場合も少なからずあるので、その場合は\遒療貘Δ瞭擦鰺用されるとよいと思う。

    川の東側の道: 173号線を北上し、井補野から6つめのトンネル(民田トンネル)を越えたところを右折(昼の交通量が多い時は注意)。川沿いを進んで橋をくぐると吊り橋があり、その周りに駐車スペースを見つけることができる。そこに車を停めたら、吊り橋を渡り、道なりに歩いて好きなポイントに降りていくとよい(階段が数箇所あり。ただしトンネルの上流側は管理区域なので遊魚料が必要)。


    [バックウォーターに近いポイントを北側から見たところ]

    川の西側の道: 173号線を北上し、,寮遒療貘Δ瞭擦剖覆る場所を越えて更に200メートル程進んだところの千軒キャンプ場の角を右に曲がる(ここも昼間の右折は注意)。道なりに進んで橋をくぐると左手に管理釣り場があるが、そこには入らず進んで行き、もう1つ橋をくぐる。その先の吊り橋から向こうで好きなポイントを見つけ、路駐するとよい(停められるスペースがあるところがあまりないのが難。またトンネルの上流側は管理釣り場なので入らないように)。

    173号線を北からこられる方は、下田の交差点を越えて2つトンネルをくぐって500メートルほど進むと左側に△寮遒寮沼Δ貌る千軒キャンプ場の入り口がある。

    上でも書きましたが、この西側の道は落石等で閉鎖されている場合も少なからずあり、また入れたとしても階段周りに駐車スペースが多くあるわけではないので、ポイントまで行くのに苦労する場合もありえます(平日は大丈夫ですが)。なので、川の西側を利用する場合は、単車・原付で出かけるのがベストかなあ、と個人的には思っています。


    [南側のポイント]


    [橋の下のポイントは、多少深さもある]


    [階段近くの駐車スペースは、すぐ埋まってしまう]

    この辺りも、2014年10月以降は水位の上昇に伴い、おかっぱりができるところがかなり制限されてしまうようになりました。水の増加に伴い魚の居場所も変わってしまって、攻めにくくなっている感じです(自分に腕がないだけかもしれませんが)。やはり水位が136メートルを切るぐらいになるまでは、ちょっと控えておいた方がいいかもしれませんね。

    JUGEMテーマ:バスフィッシング


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.10.06 Saturday
      • -
      • 21:00
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>


      latest entries
      categories
      archives
      recent comment
      links(一庫)
      links(琵琶湖)
      ・ 琵琶湖:バス釣り釣果情報
      profile
      search this site.
      PR
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM