<< 7月20日: 一庫(大路次) | main | スイス・イタリア釣行記:現地の釣り事情(2) >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.10.10 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    スイス・イタリア釣行記:現地の釣り事情(1)

    0

      ひょんなことから1ヶ月ほどスイス・イタリア・オランダに出かけることになりまして、出かけるとは言っても仕事1遊び9ぐらいの感じで、しかも肝心のオランダ行きが就労ビザの関係で最終的に頓挫してしまったので、結局ほぼ遊び100%に近いことになってしまったのですが、この期間中どうしても釣りを楽しんでみたくていろいろバタバタしてみました。その時に思ったことや、現地での釣行で困ったことなどについて、数回に渡り備忘録的に書いてみたいと思います。

       

      [スイスでの釣行のイメージ]

       

      今回メインで旅行するヨーロッパの内地の釣りはトラウトが中心のようなのですが、パイクやザンダーといったビッグゲームも人気があるとのことだったので、何を持っていくかは自分なりにかなり考えました。

       

      まず基本現地で調達できるもの(少なくともできると思われるもの)は現地でと考え、ロッド2本とスピニングリールを2つ、あとは現地でお店を見つけるまでの間に使えるワームやライン・針一式程度にしました。

       

      ロッドは以前から持っていたdepsのキャリングモデルと、今回の遠征の為に購入したツララのポルタメント イヌクシュク。どちらも機内持ち込み用のスーツケースに収まります。depsの方はフィネス中心に、イヌクシュクの方は大きな魚をターゲットにしたワームやプラグを使った釣りに使うことを考えていました。

       

      [なかなか手に入れることができなくて 苦労しました]

       

      できればブーツかウェイダーも持って行きたかったのですが、荷物が大きくなりすぎるので現地での購入を検討(スポーツサンダルは準備)。またランディングネットは初めから現地で買うつもりでいました。

       

      と、まあ普通に日本の感覚で準備をしていたわけなんですが。。。

       

      事前に現地の情報を調べていたものの、気になったのは釣りに必要なライセンスや規定のことばかりで、釣具を手に入れるお店の情報には無頓着なままでした(まあ滞在するのがメジャーな湖や港町なので すぐに見つかるだろうとタカをくくっていたのですが、これがあとあと尾を引くことになるとは、この時点では思ってもいませんでした)。

       

      しかし海や大きな湖のないミラノで店が見つけられなかったのは仕方ないとしても、地中海の大きな港町であるジェノバで釣りをしたり 釣具屋を見つけられなかったのは誤算でした。

       

      [地中海に面したイタリアの港町、ジェノバ]

       

      ジェノバへの旅行ではいわゆる民泊を利用したので、そこの主人の方(もちろん地元のイタリア人の方です)にいろいろ聞いてもらったのですが、まわりに釣りをする人がいないこと( ← 意外と重要。別の記事で書きます)と、ここでの釣りと言えば大型のボートにのって出かけるトローリングとかが中心とのこと(まあ、それはそれで経験してみたかったですが)。結局知りたかった釣具屋の場所もライセンスの取得できるところもわからずじまいでした。※1

       

      [フィッシングボートより こういうクルーザーが多かったですね]

       

      加えてここでは友達と観光するのが1番の目的だったので、釣りは諦めることに。とは言うものの、状況ぐらいは見ておきたくて(なんせ初めての地中海ですし) 朝 散歩がてらに港の偵察には出かけてきました。

       

      さすがにジェノバは観光地ということもあって港湾部はきれいに整備されています。ちょっとサンフランシスコのピアを思いださせる雰囲気がありました。

       

      [水際まで降りていけるところもあります]

       

      海を覗いてみると、ボラらしい魚影がチラホラ。小魚もわりといましたが、何だったのかはよくわかりませんでした(すぐ逃げてしまうので)。

       

      [見慣れた魚影 笑]

       

      アメリカでは釣りはわりと盛んで、シアトルに住んでいた頃は昼間何本ものロッドをピアの柵に立てかけている人や、仕事帰りのサラリーマンがネクタイをしたままササッと夕食のイワシやイカを釣って帰っていく、なんて光景をよく目にしましたが、ここジェノバでは誰1人として釣りをしている方を見かけません(唯一 カフェでロッドを持った人を見かけたぐらいですね)。

       

      もしかすると、あまり魚が釣れなかったり 港湾部での釣り自体が禁止されているのかもしれませんが、それより「釣り」自体が日本やアメリカほど一般的な遊びでないという印象を受けました。※2

       

      結局 釣具屋を探してライセンスを取得したり 現地の情報を得るという目的を果たせないままジェノバを離れることになってしまいましたが、その時はあまり気にもかけず、初めて訪れたイタリアの街にただただ目を丸くしているだけでした(続く)。

       

      [なんせこんな教会ばっかりですからね]

       

      llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll

       

      ※1 普段は市役所もしくは出張所で購入できるのですが、ちょうど週末で閉まっていたため どこで買えるのかわかりませんでした。

      ※2 子供に対してはライセンス料がかからないようになっていますが、釣ってよい魚のサイズや個体数など かなり細かく決められています。

       

      JUGEMテーマ:フィッシング


      スポンサーサイト

      0
        • 2016.10.10 Monday
        • -
        • 06:30
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        GIRUYANさん、コメントありがとうございます。

        いやあ、なかなか釣りができなくて大変でした。このあと2回か3回ぐらいの記事も現地でバタバタした感じの記事になります。涙
        • G
        • 2016/08/29 3:18 AM
        遠征お疲れさまでした。スイスの釣行イメージは、Gさんかと一瞬思いました。w 
        • GIRUYAN
        • 2016/08/28 3:13 PM
        コメントする









        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>


        latest entries
        categories
        archives
        recent comment
        links(一庫)
        links(琵琶湖)
        ・ 琵琶湖:バス釣り釣果情報
        profile
        search this site.
        PR
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM