<< 5月23日: 淀川 | main | 6月5日:柳が崎 >>

5月28日: 柳が崎

0
    この間から一庫でのフローター釣行、淀川での早朝釣行と2連敗。今日こそは連敗を止めねば。しかし琵琶湖に向かう前からなにやら怪しい雲行き。。。

    まずは体調。この間からまた足首が痛み出してロキソニンのお世話に。そろそろ医者に行って診てもらわなければダメかなあ。

    次に、頼んでおいたDMMの格安simが今朝届いて 「おお、今日から釣りキャスできる!」と喜んだのも束の間、どうやってもカードを正しく認識させることができず、圏外のまま(もともとauのiphoneをロック解除して使おうというのが少し無理があるんですが、ネットで成功例が多数のっているので安心してたんですが。。。 )

    ということで、出発前からかなり落ち込んでいたジジイですが、幸いaltondaaさんが西岸に出ているのというので、連絡をとって合流させてもらうことにしました。

    しかしこういう日は何かあるもの。家を出るとすぐに雨がパラつき始め(幸い本降りにはなりませんでしたが)、高槻を越えた辺りでカメラを忘れたことに気づき、そのあと愛用しているネオプレーンのソックスも忘れたことに気づく始末(仕方なくシマムラに寄って2足180円のソックスを買いました)。六地蔵辺りではとんでもない渋滞に巻き込まれ(17時に着く予定が17時半に)、現着前にもうヘトヘト。。。

    ただ現地は風も波も強くなく、心おきなくウェーディングを楽しめそうな状況。早速altondaaさんに電話をかけてポイントに。お話を聞くと既に40アップを含め10数匹を釣り上げたとのこと(朝の4時から釣っておられたとのことですが。すごい体力!)。どうやら活性は高そうです。

    何で攻めるか迷いましたが、少し距離も欲しかったのでスタッガーワイドをダウンショットで投げることにしました。



    しかしこれが大誤算。大きなアタリが1度あったのもののいきなりブレイク。そのあとは根がかりと開始20分でリグを2つ失うハメに(涙)。

    しかたないのでロッドを変えていつものデス6を投げ込みます。手前のウィード帯よりもかなり沖目の砂地? のアタリで反応があったので、遠投を繰り返していると明確なアタリ。走りださなかったけれど、ロッドにきいてみるとくわえている感じがあったのでフッキング。

    重かったけれど ガツン!という感じではなかったので30台後半か40ぐらいかなーと思っていると、途中からバンバン跳ね出して大暴れ。弱らせてから慎重に寄せて捕まえたのがこいつでした。


    [カメラを忘れたので、altondaaさんの携帯で撮ってもらいました]

    50には少し足りませんでしたが、なかなかのバス。しばらくこのサイズのバスを釣っていなかったのでほんと嬉しかったです。

    ただこのバス、ワームを完全に飲み込んでしまっていて、どうやっても手やハサミではフックが外せません(しかも途中でハサミが壊れるアクシデント)。altondaaさんも外そうと試みてくれたのですがそれもうまくいかず。段々バスも弱ってくるので困ってしまい、近くにおられたベテラン?のおじさんに助けを求めました。

    すると長めのオエオエ棒を貸してくださり(下の写真のようなやつ)、一緒に手伝ってもらって何とかバスから無事フックを外してリリースすることができました。


    [今回威力を発揮してくれたので、今度の釣行までに一本買っときます]

    ちょうどよい地合で手伝わなければ何キャストかできたでしょうに、ほんと申し訳なかったです。ですが、バスが元気に湖に帰っていく姿を見て「血も出てへんかったし、大丈夫やわ」と声をかけてくださいました(本当にありがとうございました)。

    その後 altondaaさんと沖目を探りますが、アタリがピタリと止まってしまいました。しばらく粘ったんですが、かなり暗くなってきたのと、朝の4時から釣り続けていたaltondaaさんも 「もう体力の限界」 ということだったので、浜に引き上げました。

    すると、浜でなにやらガタイのいいお兄さんが声をかけて近づいてきたのでビビッていると、なんとこもさん。朝から北の方に出撃されていたのですが、ジジイが心配で様子を見に来てくださったとのこと(ありがとうございます)。今日も40アップを含めよい釣果を出しておられました。

    そのあとお二人としばらくバス釣りの話をさせていただいていたんですが、もう少し釣りたかったので、2人とお別れして先日2匹程釣り上げたポイントに入っていきました。

    今日は土曜日で 波も風も静かだったせいかかなりウェーディングをされている方が多かったです(加えてゴムボートも。しょっちゅうライトをつけっぱなしにされるので、ほんと困りました)。

    そこで1時間ほど投げていましたが、あまりアタリがでません。バスヤンさんとイワヤンさんが東に出られているようなので、早めに切り上げて挨拶に行くかな、などと思っていると。。。

    ガツン!

    かなり沖目で距離がありましたが、さすがPE。しっかりバスを捉えてくれました。これは40はあるなあと思って暴れるバスを寄せてくると、43のいいバス(ですがカメラがなかったので写真なしです 涙)。

    そろそろ地合かなと思ってキャストを繰り返していると、フワフワッとワームを浮かせたところでまた明確なアタリ。これもかなり距離がありましたが、しっかり弱らせてから取り込みました。本日3本目の40アップ。

    そのあと32を1本追加しましたが、岸に戻ってワームを取り替えている間に別の方がポイントに入ってしまい、他の場所に移動。ですがサカナを見つけることができず、またそこでもゴムボートに邪魔されたので、23時過ぎに撤収することにしました。

    無事に家にたどり着いて、御飯を食べながらバスヤンさんのキャスを聞いて、今日一日が終了しました。

    40アップを3本そろえたのはおそらく初めてだったと思います。他の方がキャロを投げている中、ノーシンカーで通したのが今日の勝因だったのかなあ。

    今日は久々にいい夢が見られそうです。

    JUGEMテーマ:バスフィッシング

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.10.06 Saturday
      • -
      • 12:00
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      GIRUYANさん、コメントありがとうございます。

      他の上手な皆さんに比べるとたいしたことないんですが、自分としては初めての40アップ3本だったので嬉しかったです。ただこういう日に限ってカメラ忘れていったんですよね(笑)。

      今度は写真に収められるよう頑張ります。ではではー。
      • G
      • 2016/06/01 2:04 AM
      40UP3本とは、脅威の釣果ですね。おめでとう御座います。今度お会いしたときに、いろいろお聞かせください。
      • GIRUYAN
      • 2016/05/31 3:17 PM
      コメントする









      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>


      latest entries
      categories
      archives
      recent comment
      links(一庫)
      links(琵琶湖)
      ・ 琵琶湖:バス釣り釣果情報
      profile
      search this site.
      PR
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM