<< 5月5日・8日: 支那・北山田 | main | 5月18日: 柳が崎 >>

スポンサーサイト

0
    • 2018.10.06 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    5月15日: 柳が崎

    0
      琵琶湖の東岸の濁りがひどくてヘタクソな私は2連敗中。これは思い切って西岸に行ってみるかと、こもさん・了莞さんの釣行にくっついて出かけることにしました。

      前からバイクで西岸にも行ってみないととは思っていました。というのは北山田を中心とした東岸のポイントは自宅から片道63kmほどの距離があり、どう頑張っても1時間半、場合によっては2時間近くかかってしまいます。今日釣行に出かける柳が崎などは距離にして52km弱。往復だと22km以上、時間にすると30分ぐらいは違ってきます。これは大きい。

      こもさんに15時15分ぐらいには着くように行きますねー、と伝えてあったので14時前には家を出たのですが、今日はどこも道が車で溢れていました。現着15時40分。既にお疲れモードに突入。


      [イメージ的にはこんな感じ]

      急いで駐車場でウェイダーに着替えて約束していたポイントに向かいます。ですが、待ち合わせ場所にこもさんが見当たらない。。。 電話をしてみると、こもさんが「さっき駐車場で僕たちの前を素通りされてませんでした?」 えっ?

      疲れと眼の悪さがあいまって、駐車場まできてくれていたこもさん・了莞さんに気づかなかったようです。大変失礼致しました(汗)。

      了莞さんにお会いするのは今日が初めてでしたが、ツイキャスの声から想像していたようにピチピチの大学生(笑)。それにしても今日はまた味の濃い3人が集まったもんですなあ。


      [イメージに一貫性がないのはお許しください(笑)]

      柳が崎はウェーダーのポイントとしてはかなりメジャーだと聞いていましたが、噂どおりたくさんの人が膝上まで水に浸かって釣りをされていました。


      [ちょっと遠目でわかりにくいんですが、10人ぐらいは見えます]

      こもさんに詳しいポイントの説明をきいてリグを準備していたら、いきなり「釣れましたー」と了莞さん。顔を上げると


      [スリムなバスくんでした]

      おいおい、自分はまだ1投もしてないのに早すぎでしょ! しかもサイズもいい(50ジャスト)。ここのところキャスでもバンバン釣っておられましたが、了莞さんは今日も絶好調のようです。自分もあとに続けとキャストを始めますが、こもさんが呼ぶので振り返ると

      「了莞さん、またかけてますよ」

      ええっ?

      了莞さんの方を見ると ロッドが大きくしなっています。これもデカバス間違いなし。あがってきたのはこいつでした。



      プリプリのナイスバス(確認しましたけど、スポーニング前でした)。了莞さんもこの笑顔。



      開始20分で50upを2本とは、了莞さん恐るべし。袈裟をかぶった狼とはまさにこのこと。。。

      このあともロッドをしならせているので、あわててこもさんと見に行くと 10センチぐらいのギルをスレだったりと、了莞さんはいろいろとやらかしてくれました。

      一方のこもさんも 身体の痛みと戦いながら苦戦されていたようですが、自分と合流する前に1本。合流後に2本ときっちり仕事をされました。


      [さすがこもさん]


      [流し目のバスくんでした]

      周りにはウェーディングの人がわんさかいたんですが、1人の人が30アップ、あとズーナマを釣っている人を見たぐらいでほとんど釣れてなかったのに きっちり結果を出すあたり、了莞さん・こもさん さすがです。

      一方のジジイはと言うと、相変わらずのノーフィッシュ。途中からビッグベイトを投げたりと遊びモードに入っていたのもあるのですが、後半戦では普段あまり使わないヤマセンコーまで投入して魚を探りますが、結局ギルバイトのみで魚の姿を拝むことはできませんでした。

      浜にいたネコちゃんでさえちゃんとバスにありついているのにぃ(涙)。


      [おいしそうに食べていました]

      しかもウェーディング中にわけの分からない虫に鼻を刺されて痛いのなんの。泣きっ面に虫のジジイでございました。

      そんなこんなで21時に納竿して、了莞さんと近くのラーメン屋さんで反省会。お寺ビジネスの話で盛り上がって楽しい時間を過ごすことができました(了莞さん、ありがとうございました)。

      で、そのまま帰途に。帰り道はスイスイ進めて1時間15分ぐらいで戻ることができました(やっぱり楽だよなあ)。

      今日もこもさん・了莞さんのおかげで楽しい釣行だったのですが、3連敗はちと痛い。何とかせなあかんなあ。。。
       
      JUGEMテーマ:バスフィッシング

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.10.06 Saturday
        • -
        • 13:00
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        タカシさん、コメントありがとうございます。

        もうそろそろ一庫が始まるのですが、琵琶湖本湖で浮きキャロを使って結果を出したいです。ここ2回は風がきついので使えてないのですが、次の釣行ではチャレンジしてみます。

        ではではー
        • G
        • 2016/05/18 2:03 AM
        GIRUYANさん、コメントありがとうございます。

        バイクで行くと便利なんですが、やはり琵琶湖は遠いです。野路さんやうめさんが羨ましい。

        ただ、釣れていないのは自分の腕のせいだと思います。まあ、でも去年よりは少しマシにはなってきてると思います。一庫もシーズンインを控えて琵琶湖に行くのも限られてくると思うので、頑張ります。

        ではではー
        • G
        • 2016/05/18 2:01 AM
        一庫ダムに3人で帰りましょう、今度は僕がパンあげます。(笑)
        • タカシ
        • 2016/05/16 5:22 PM
        白熊くんがすべてを物語っているようですね、遠方よりお疲れさまでした。
        私も3連敗中です。もうなんともなりません。釣れるまで通いづづけます(笑)
        • GIRUYAN
        • 2016/05/16 5:17 PM
        コメントする









        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << August 2019 >>


        latest entries
        categories
        archives
        recent comment
        links(一庫)
        links(琵琶湖)
        ・ 琵琶湖:バス釣り釣果情報
        profile
        search this site.
        PR
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM