<< 4月24日: 笑劇の支那・北山田 | main | 5月2日: 北山田・支那 >>

スポンサーサイト

0
    • 2018.10.06 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    4月30日: 枚方大橋・天野川

    0
      今日は 以前お手伝いをしていた事務所の所長さんと初めてコラボ釣行に出かけることになりました。コイ・ソウギョをメインに釣られている方で、仕事前の釣りでデカい魚をかけてしまって仕事に遅れそうになったり、去年は1メートル20のソウギョを1時間以上かけて取り込んだりといろいろ伝説のある釣りの名人(コイ仙人)です。

      今日はコイ釣り・ソウギョ釣りの秘技を伝授していただけるとのことだったので、バイクを走らせ、待ち合わせの枚方の河川敷にやってきました。


      [朝の枚方河川敷]

      約束した時間より1時間近く早くついてしまったので、天野川の河口付近を一人で探索。


      [天野川河口]

      水は想像していたよりずっときれいでしたが、水位が10センチあるかないかで、あまり魚の気配は感じられませんでした。

      仙人も6時半に到着。ポイントに案内してもらいます。既にヘラ師のおじさんたちが数名陣取っておられましたが、入りたかったポイントは空いていました(ラッキー)。

      ポイントでエサを作ったりタックルをセットされていたのですが、用意されていたネットがあまりにも大きかったので、質問。


      [仙人のドデカいネット]

      G:「そのネット、ちょっとデカすぎませんか」
      S:「ちょうどいいくらいだよ」
      G:「子供でも掬えそうですね」
      S:「デカいソウギョは低学年の子供より大きいからね」

      普段バスやギルをメインに釣りをしている自分とは釣りに対する概念が違い過ぎる。。。(笑)

      しかし、今日はこのこのネットの重要性を身にしみて実感することになりました。というのも、仙人が次から次へとサイズのあるコイを釣り上げていくので 私がこのネットを使ってコイを取り込むことになったからです(周りの誰も何の魚も釣れていないのに、仙人の竿にだけアタリがくるんです。ほんと不思議)。一部ですが下の釣果を見てください。




      [ネットと魚を比較すると、ちょうどいいくらいの大きさなのがわかります]


      [長時間ポーズを取っていると 重さで腕が疲れてしまいました]

      アベレージが70アップ。重さはどのくらいか分からないですけど5キロ前後でしょうか。

      そして更に驚いたのは、コイの竿は置いたままで待っている間はソウギョ釣りをされていたことです(私はコイ釣りをせずこちらに参加しました)。仕掛けを投げ入れたらあとはずーっと座って待つだけかなと思っていたのですが、コイ竿は放置したままで、その間はソウギョのテクトロです(川沿いを二人で200〜400メートルぐらいテクトロして探りました)。離れたところで置き竿にヒットがくると気づかなかったり走って帰ってこなければならなかったりはしますが、ほんとに無駄な待ち時間のないアクティブな釣りでした。


      [私も仙人の竿で釣り上げさせてもらいました]

      しかも時合いの読みもほぼ完璧で、仕掛けを投入して次は何分後にくるとおっしゃったことがことごとく当たっていくので、私はただただ驚くばかり。こういうところが他の釣り師の方との釣果の差に現れていたように思います。

      今日は風が強かったですけど天気がよく、空を見上げるとこんなのが上を飛んでいます。


      [近くの高圧電線にひっかからないか心配しました(笑)]

      あまりにも気持ちがいいので、ちょっと昼寝するかと11時頃に横になると そのまま14時まで爆睡してしまいました。そして起きた時には 仙人のライブウェルはこんな状態に(驚)。


      [これでもナナマル以下はキープしてません]

      このあと17時までに 良いサイズを3本追加して終了。周りのヘラ師の方も「この本数は記録とちゃうか?」と驚かれるぐらいの釣果でした。しかし当の仙人は「数は充分だけど、もうちょっとサイズ欲しかったなあ」、と不満顔。これでもサイズ足りないんですか???

      ただ今日はソウギョ釣りしかしていなかった私が1本も釣れていなかったことを気にかけておられたようで、「サイズはでないですけど必ず釣れる場所があるので、そこへ行きませんか」と 天野川の秘密のポイントに誘って下さいました。

      仙人曰く 「ここらへんはバスとかはいなくて、ほぼ100%コイだけです」とのこと。

      しかし そんな常識は私に通用しないことを いきなり見せてしまいました。


      [50オーバーのズーナマ]

      これにはさすがの仙人も「持ってますねー」と大笑い。しかも このあとは次々にコイのアタリが。1匹デカいのに仕掛けを切られたあと 釣り上げたのはこいつでした。


      [このポイントにしてはいいサイズ とほめていただきました]

      ものすごく元気なコイで よせる度にドラグを鳴らして走っていくので、取り込むまでに7〜8分かかりました。やっぱオビレがすごい。これが推進力につながっているのでしょう。


      [ご満悦のG]

      ここで釣行は終了。2人で10匹以上(自分が覚えているだけで 80アップ1本、70アップ4本、60アップ4本、ズーナマ1本)、おそらくトータルで50キロぐらいの重さの魚を釣った計算になるのではないでしょうか。

      いままでコイ釣りは「基本待ちの のんびりした釣り」と興味がなかったんですが、今日釣行にご一緒させてもらって認識が一変しました。仙人は日頃から「コイは淡水の王者です」とおっしゃっているのですが、おっしゃる通りかけたあとのファイトはほんと半端ないものがありました。これがメーター級のコイだったらと思うとワクワクします。

      そして今日は出会えなかったソウギョ。。。

      次の釣行 どこに出るか迷うなあ(笑)。

      JUGEMテーマ:バスフィッシング

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.10.06 Saturday
        • -
        • 12:00
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>


        latest entries
        categories
        archives
        recent comment
        links(一庫)
        links(琵琶湖)
        ・ 琵琶湖:バス釣り釣果情報
        profile
        search this site.
        PR
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM