<< 3月22日: 石山寺・矢橋帰帆島 | main | 4月3日: 乙女が池 >>

スポンサーサイト

0
    • 2018.10.06 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    3月27日: 支那・北山田

    0
      今日は日曜で仕事は休み。天気だけでなく水温もいい感じなのに加え、続々と春バスの釣果報告が上がってきています。これは何としても琵琶湖に向かわねばと思うのですが、いかんせん疲れ気味で 睡眠なしに朝マズメに向かうだけのパワーがなく、今日釣行に出られるというツララさんに無理やりお願いして琵琶湖まで車に乗せていっていただくことになりました。(ツララさん、ありがとうございます)。

      ちょうどツララさんに横のりをお願いしていた頃、バスヤンさんから「どこに行かれるんですか」とメッセージをいただき、可能なら合流しましょうということになりました。

      これまでいろいろと情報やアドバイスをいただいたりしてきたのですが、ついに今日、琵琶湖バサー界の至宝 バスヤンさんにお会いできるかと思うと、まるで初めてのデートにでかける14才の少女のように心が高鳴り、草津のコンビニで買ったノリ弁とから揚げ・サンドイッチ・パン・おにぎりがなかなか喉を通りません。

      葉山川の駐車場には自分たちの方が少し早めについたのですが、15分程してバスヤンさんも到着。ついに念願を果たすことができました。

      しかも、ガメツイ私は挨拶もそこそこにバスヤングッズをおねだり。その場にいなかったコアナ兄さんの分までお願いするという暴挙にでましたが、バスヤンさんはニッコリ笑って「何色がいいですか?」と聞いてくださいました。

      [貴重なバスヤングッズをゲットォ!]

      ツララさんもバスヤンさんに会えてとても喜んでおられましたが、この後は自分の得意のポイントでゆっくり朝までやります〜、とのことで北に向かって旅立たれました(このあと夜に入って連絡途絶。午前3時ごろにつながったら 寝てましたとのことでした。心配しましたよ、もう(笑))。

      自分はというと バスヤンさんに支那を少し案内してもらい、これからの時期に向けてのポイントやストラクチャーなどを教えていただきました。琵琶湖に通いなれていないというせいもあるのですが、やはり年間を通してのポイントの変化などについて初めて知ったことなどが多く 驚くことが多かったです。

      そのあと2人で準備してポイントに向かいました。少し風がきつくて「大丈夫ですかねえ」と聞いたところ、バスヤンさんは「少ししたら雨になるけど、そのあと風向きが変わっていい感じになります」ときっぱり。

      で、ほんとにその通りになったんです。

      このあともバスヤンさんのおっしゃる天候の変化・ワームのチョイス・アクションの入れ方・ポイントの活性などおっしゃることがことごとく的中していくんですが、ほんとにバサーとして学ぶことが多いなあ と今回ご一緒させていただいたことに感謝しました。

      話はそれましたが、自分はメバル竿にこの冬頑張ってきた飛ばしウキのリグ。いっぽうのバスヤンさんは新しいロッドで 早く入魂できればいいんですけど〜、なんておっしゃっていましたが。。。

      あっという間に35upを釣り上げられ 入魂終わってしまいました。はやっ!

      自分の方はノーバイト。ワームはデトレイターを使っていたんですが、少し波が大きくてなかなか底を取れない感じでした。で、暗くなり雨が降ってきた頃、バスヤンさんと相談してポイントを移動。

      車で移動した先は 少し大きめの浜がある場所で、バスヤンさんが「沖のストラクチャー狙うと必ず釣れますよ」とおっしゃってくださったので、そこから始めました。

      リグも変えてノーシンカーに。デスアダーの大きいので実績ありますよ、と教えてくださったのですが、デスアダーの6インチに合うオフセットフックを持っていなかったので、5インチを使うことに。

      何度かキャストしているとバイトが! 今日初めての生き物の感触に気持ちが高まります。すると来ました! 50up!

      [プリプリの53cm]

      もちろん釣ったのはバスヤンさんですけど(笑)。

      ほんと この技量の差は何なんですかねえ。もう笑うしかありません。

      とは言うものの、一庫チームの一員として何としてもここは一矢報いたい。奥にポイントを移しバスヤンさんにロッドのアクションなどを聞きながらネチネチ攻めていると、コンッ、とアタリが。バスが動き出すのにあわせてゆっくりフッキング。元気のいいバスでしたが、それ程大きくなかったので手でランディングしようとしたのですが、捕まえようとしたその瞬間跳ねられ痛恨のバラシ。

      思わず「ああ〜、バラした〜(涙)」と叫ぶと、バスヤンさんから「まだまだ来ますから、心配ないです」と優しいアドバイス。

      確かにライズなどもところどころで見られて活性は上がっている感じ。先程のバラシの時と同じ感じでワームのアクションを入れて探っていると

      コンッ。

      でも持って行かない。

      竿をほんの少し動かして聞きながら待ちます。すると15秒ほどして竿先に重みを感じたのでそのまま走らせてフッキング。ようやく今日の一匹目が釣れました。


      サイズはたいしたことなかったんですが(35up)、さっきの取り込み際のバラシのことがあったので、ネットを使いました(チキンと呼ばないでね)。

      この時点で22時近くになっていて、電車の時間が気になる自分は帰ろうかとも考えたのですが、バスヤンさんが「まだしばらくはいい感じが続きますよ」とおっしゃったので、その言葉を信じ 思い切ってそのまま粘ることにしました。

      するとすぐに2匹目が!

      これもコヅいたような感じでしたが、竿先からしっかり口にくわえている感触が伝わってきたので 今度は即 鬼フッキング。

      始めは水中をかなり走り回っていましたが、上に出てきてからも何度も飛ぶので少し苦労しました。ツイキャス中のバスヤンさんに声をかけると すぐに走ってきてくださって 無事バスヤンさんのネットにイン。

      [メスではなくシュッとしたオスでした]

      [ご満悦のG]

      バスヤンさんの50upには到底敵いませんが、それでも今期初の40upだったのですごく嬉しかったです。バスヤンさんもなんとかいいのを釣らせてあげたいと、ほんとに気を使ってくださっていたのが自分にも分かっていたので その意味でもホッとしました。

      そのあと先行者がいた奥のポイントが空いたのでそこに入りました。するとコバスと思われるアタリが頻発(4投して3バイトとか)。ですが、なかなかフッキングには持っていけなかったです。しかも1回はスッポ抜け(グヌヌ)。

      そのあとバスヤンさんとポイントを入れ替わり、自分は最初のストラクチャーのところに戻って投げることに。すると今度は一投目で来ました。

      [バスヤンさんの予言通りになりました]

      既に時間は0時を回っており、使っていたデス5が完全に破壊されていたので ここで納竿。しばらくするとバスヤンさんも戻ってこられて2人で帰途につきました。

      バスヤンさんと比べると数でもサイズでも圧倒されましたが、自分なりに満足いく釣果が出て ようやく旧彦根でしか釣れないバサーを卒業できた気がします。とは言うもののバスヤンさんの細かなアドバイスがなかったら、おそらくノーフィッシュだったでしょうね(感謝・感謝)。

      その後はバスヤンさんとツイキャスしながら京都駅まで送っていただきました(バスヤンさん、ありがとうございました)。バスヤンさんの釣行日記はこのリンクから見ていただけます。

      終電はとっくになくなっていたので、なか卯でカツどんを食べて そのあとネカフェでバスヤンさんのツイキャスの続きを聞きながらゲームをし、映画を観て 始発で帰宅。

      [もう1ぱい食べてもよかったかな?]

      仮眠を取った後は昼から仕事。充実した休みになったけど疲れちゃいました。

      来週は火曜あたりにコアナ兄さんと琵琶湖に出る予定です。バスヤンさんにおそわった秘技を駆使して次は50up目指します。

      JUGEMテーマ:バスフィッシング

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.10.06 Saturday
        • -
        • 05:00
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        バスヤンさん コメントありがとうございます&先程はツイキャスでもお話させていただきありがとうございました。

        バスヤンさんにお世話になった感謝を少しでも記事で伝えたかったのですが、なかなか言葉でうまく表せなくてすみません。今回の釣行を通して強く思ったのは、一庫で誰かと知り合うことになったらどこの馬の骨ともわからぬ自分たちにバスヤンさんが接してくれたように、ていねいに誠実に接していこうということでした。

        あの日は釣果が出て最高でしたが、たとえ自分が一匹も釣れなかったとしてもバスヤンさんと一緒に釣りに出れてよかったと思ったでしょう。

        6月になったら一庫にも足を伸ばしてくださいね。一庫チーム全員でお・も・て・な・し、致します(笑)。

        ではでは〜
        • G
        • 2016/03/30 5:44 AM
        コアナ兄さん コメントありがとうございます。

        何とか3匹あげましたけど、正直ほぼバスヤンさんに釣らせてもらったという感じです。バスヤンさんは実況ツイキャスをされていたうえに私の面倒をみなければならず、ほんと大変だったと思います。それで50up・本数も私より多いですからねえ。実力差は歴然でした。

        でもほんとに細かく色んなことを教えていただいたので、今度の釣行では兄さんにできる限り伝えていきたいと思います。来週は頑張りましょう!

        ではでは〜
        • G
        • 2016/03/30 5:29 AM
        先日はお疲れ様でした。<(_ _*)>

        えーーと( ̄▽ ̄;A バサー界の至宝 × 普通のおっさん(地味目)〇 もしくは、セコ釣りさせればそこそこ釣る人等 に変えて頂ければ助かります。(゚ー゚;A
        読んでいて少し、この空想の方は誰?wwと言う感じです。ハードルだけあげられて、これから誰にも見つからない様にコソコソ生きていきます(笑)

        ボトルホルダーは安物なので使い潰してください( ̄▽ ̄;A 喜んでもらえる方いるなら、もうちょっとしっかりとした物を作ろうと思います。彡(-ω-;)彡

        Gさんのロッドもショートバイト十分拾えるようなので、次回も風が悪くなれば、水温もかなり上昇する予報なので、同じ感じで釣れると思います。こーじさんとの釣行対決楽しみにしています(☆-☆)
        お疲れさまでしたぁ!

        bassyanさんの釣果もさすがですが、Gさんも負けず劣らずですよ〜(*^^*)

        釣行5日でたぶん大丈夫ですが、またTwitterにでもDMいれますね!
        • コアナ
        • 2016/03/29 9:49 AM
        コメントする









        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << January 2019 >>


        latest entries
        categories
        archives
        recent comment
        links(一庫)
        links(琵琶湖)
        ・ 琵琶湖:バス釣り釣果情報
        profile
        search this site.
        PR
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM