<< 2月28日: 悲しみの旧彦根港 | main | 3月18日: コイパラ旧彦根 >>

スポンサーサイト

0
    • 2018.10.06 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    3月7日: 春がきた? 旧彦根港

    0
      先週は休日出勤もあってかなりヘロヘロでしたが、琵琶湖の水温などを見ているとどうしても我慢できなくなり琵琶湖に出かけてきました。

      日曜の朝から出かけるという手もあったのですが、バイクの整備(何とリコールがかかりました。いまのところ何の不具合もないんですが大丈夫かな〜?)や花の植え付けなどしなければならないことがあり、夜釣り〜朝マズメで出動することに。しかしやっかいなことが。

      昼間の作業で外に出ていた時から花粉がひどくて眼が痛かったり鼻水・くしゃみが止まらなかったりもう大変。こんなんで出かけたら周りのバサーに迷惑かけてしまいそう、と思いましたが、薬を持ってでかけることに。目薬・点鼻薬を使いながらの釣行になりました。

      この間 デカいバスをバラしてしまったリベンジを目指して 今日はシーバス用のタックルも持っての出撃です。

      西岸か旧彦根で迷いましたが、夜釣りなので勝手知ったる旧彦根へ。現着21時過ぎでしたが、なんと! あまり人がいません。これは嫌な予感。釣りをしている人に話を聞くと「全然ダメ」のオウム返し。雨が降ったせいで水がかなり濁っているのが原因でしょうか。

      仕掛けを作って(← いつものウキキャロなんですが)遠投! いきなりバイトでワームを持っていかれましたが、フッキングに至らず。2投目・3投目も細かなバイトがあり、「なんや、活性自体は高いんや」とタカをくくったのが甘かった。それからというもの バスのアタリを求めて彷徨い続ける時間となりました。

      本当に人が少なかったので ポイントを変えてあちこち投げたりしましたが、なかなかバスを見つけることができません。風はほとんどなかったのですが、まわりの人も苦戦していたようで 気がつくと1人帰り、2人帰りといつもの旧彦根の賑わいはどこへやら。ついには雨も降り出して...

      自分もタックルをいつもの繊細なものから少し遠投して探れるようにシーバスで使うものに変えて探ります。すると。。。

      [結構ひいて 楽しませてくれました]

      やっとこいつが来てくれました。今日は飛ばしウキの代わりに電気ウキを使っていたのですが、夜の湖面をサーッと緑の光が走っていくのがとてもきれいで嬉しかったです。

      こんな感じで渋いことは渋かったですが、なんとか朝の5時ぐらいまでに20cm前後のバスを20匹ぐらいと28〜31cmぐらいのバスを5匹、わりとデカいギル(23cm)を釣る事ができました。

      [ほんと狙ったかのようにこのサイズばっかりでした]

      [これも30cm]

      [同じバスを繰り返し釣っていたのかも(笑)]

      ただ今日のロッドはいつものメバリング用の柔らかい竿ではなかったのと ラインもそれなりに太かったのでかなりアタリを逃したような気がします。途中からはラインと竿よりもウキの動きを目で追ってアワセを入れてました。

      さて、朝も5時を過ぎマズメに突入。人も3・4人と絶好のチャンス。これはいいバスを仕留めるしかない! と気合を入れ直して望んだのですが。。。

      結果この時間帯でバス0匹。他の方も誰もこの良い時間帯に釣果をあげた方はいませんでした。6時半頃にはそこそこの数のバサーが来ていましたが、2人ぐらいの方が30upを釣ったぐらいで全体にはかなり低調。

      自分は昼から仕事があるので 7時過ぎに納竿しました。

      [スッキリしない天気でした]

      [このあとバタバタとバサーの方が来られてましたけどね]

      花粉に悩まされた春の彦根でしたが、夜の気温も高く(しかも風なし)変化を感じましたが、それ以上にバサーの数が少なかったのに驚きました。他のポイントの活性も上がってきているのでそちらの方に行かれた方が多かったんでしょうね。

      冬の大混雑から人がまばらになってくるのが彦根の春パターンなのかもしれません。

      あと朝マズメのいい時間帯にバスを仕留められなかったのは痛かったですね(涙)。大きなバスのライズはあったんですけど、いま考えるとプラグに切り替えたほうがよかったかも。反省の多かった釣行でした。

      JUGEMテーマ:バスフィッシング

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.10.06 Saturday
        • -
        • 07:00
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        しばやんさん コメントありがとうございます。

        濃霧の中のボートでの釣りはちょっと怖そうですね。でも大きめのバスをゲットされて羨ましい限りです。今年に入って自分はまだ40upを釣ってないので、みなさんのレポートをヨダレたらして見ています(悲)。

        今月の半ば以降はおそらく西岸あたりに向かうことになりそうです。デカバスに出会えるといいんですが、どうなりますやら。できれば夜釣りメインでガッツリいきたいです。

        また良い情報ありましたらコッソリ教えてくださいね。ではでは〜。
        • G
        • 2016/03/10 4:44 AM
        Gさん、
        お疲れ様です、琵琶湖の状況は変わっていますね〜
        6日7日は南湖の方、よく釣れていたようですよ!!

        私も昨日8日にボートで琵琶湖インしておりましたが、
        昨日は晴天予報で期待して行きましたが、
        朝から濃霧で期待以上に気温が上がらず、苦戦しました(^_^;)
        6時から夕方5時まで二人で釣果40弱を筆頭に2匹づつ、
        効率は彦根港が圧倒的ですね、私もこの冬は彦根港に癒されましたので、
        そろそろデカバスモードに切り替え中です!!
        彦根港の修行のおかげで先月50アップ頂いてますからね。
        頑張ってくださいね!!
        bassyanさん お疲れ様です。コメントありがとうございました。

        お身体の方 いかがですか。先日釣行に出られた際も心配していたんですが、大事無かったようで安心しました。完治するまではしばらく短期釣行でのんびりされるのがいいかもしれませんね(ただ、言うは易しでなかなか出かけたい気持ちを抑えられないですけど)。旧彦根は逃げてはいかないので、来年にでもゆっくり出かけられてください。

        自分はまるで旧彦根専属のように毎週出かけていって 一庫や淀川はどうなってるんだと叱られそうですが(汗)、コバスとは言えかならずバスに触ることができるのでほんとありがたいです。

        bassyanさんから直伝?の浮きキャロも旧彦根の実践でもまれてかなり精度が上がってきました。仕掛けも工夫して、今度はタックルも完全に一新して春からはデカバス狙いの釣りに移行していくつもりです。bassyanさんのせめて10分の1でも釣果を出せればいいんですけど(笑)。

        またそのうちツイキャスにお邪魔しますので、いろいろ教えてくださいね。ではでは〜。
        • G
        • 2016/03/09 4:01 AM
        こんにちは

        釣行お疲れ様でした(≧∀≦)
        今年は本湖の水温上昇が早いので、少し影響出るかもですね。
        今年1度は旧彦根に行きたいと思っていたのですが・・・(T∇T)
        本湖側が動き出しているみたいなので、また来年になりそうです。
        体調良ければ行ったと思うんですが・・・残念です。
        コメントする









        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>


        latest entries
        categories
        archives
        recent comment
        links(一庫)
        links(琵琶湖)
        ・ 琵琶湖:バス釣り釣果情報
        profile
        search this site.
        PR
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM